傍示杭    
       
   
     領地や宿場の境には杭が建てられており、境界を示す文言などが書かれていたようです。木製なので朽ちてしまい、残念ながら現存するものはないようです。
傍示抗は浮世絵によく描かれており、「藤川・棒鼻ノ図」が有名です。どの絵からも解るように、ずいぶん高い物だったようです。
沼津藩領の東西を示す傍示杭のように、石製に変えられて(傍示石)現存する所もあります。
   
       

 
 
 歌川豊国 画
役者東海道 沼津・荷物平作

沼津藩領東傍示
 
歌川広重 画 
狂歌入り東海道五十三次

沼津藩領西傍示
 
歌川広重 画 
蔦屋版東海道五十三次
沼津藩領西傍示

二代広重画
海道五十三駅
沼津藩領西傍示

 東海道五十三次之内
保永堂版 .品川・日之出
 
東海道五十三次之内
保永堂版 平塚・縄手道
 
東海道五十三次之内
保永堂版 大磯・虎ヶ雨

 東海道五十三次之内
保永堂版 藤川・棒鼻ノ図

   東海道五十三次之内
保永堂版 袋井・出茶屋ノ図

東海道五十三次
行書版 石部

人物東海道
 関
  
海道五十三次
行書版 箱根
 


    傍示石   
       


 
   
田沼領傍示石